【品川区旗の台】膝痛を整体院で改善

膝痛でお困りなら

もしあなたが

  • 痛かったり、良くなったりを繰り返している
  • 今までの治療で治らないので他に方法が無いか探している
  • 膝に水がたまっては抜くを繰り返している
  • ジャンプしたり、着地する時に膝が痛い
  • 元気に動き回れるようになりたい

といったことでお困りなら、開院17年の実績と7万人以上の施術経験を持つ当院がお役に立てます。あなたと同じお悩みを抱えていた多くの方も、今ではそのお悩みから解放され「こうなりたい」自分になって日々を楽しまれているからです。

睡眠の質も肩こりの症状に予想以上に大きな影響を与えることが明らかになっていて、睡眠時間の長さを身体にいいものになるように再考したり、使い続けているまくらを違うものに変えたりしたことで、悩んでいた肩こりがすっきり解消できたという話題も再三伺います。慢性的な首の痛みの誘因は、負担がかかっている首や肩の筋肉がくたびれたために血行障害が誘発され、筋肉の内部にたまったアンモニアなどの疲労物質にあるということが殆どであるようです。背中痛という現象となって症状が出てくるものとしては、尿路結石であるとか鍼灸院などが挙げられますが、痛みを発しているポイントが本人自身すら長期間に亘ってここだと言えないということはたまに起きます。シクシクとした膝の痛みによく効くコンドロイチンという最近よく耳にする物質は「ムコ多糖類」と呼ばれるものの一種で、一つ一つの細胞に栄養素や水分を運ぶ仕事を行っていますが、体内のコンドロイチン量は年齢を重ねるにつれてどんどん減っていきます。外反母趾が進行するにつれ、痛みの度合いや足指の変形が強くなるため、一生治らないと早合点する人が少なからずいますが、正しい治療で間違いなくいい結果が得られるので希望を持ってください。外反母趾を治療する方法である手術の手法はたくさんありますが、極めて一般的なものは、骨を切って正しい角度に治す手法で、変形がどの程度進んでいるかにより方式を選び出して進めていきます。猫背と呼ばれる姿勢でいると、頭を支えなければいけない首に常に負担がかかる状態になり、完治の難しい肩こりとなってしまうので、嫌な肩こりを綺麗に解消するには、何をおいても猫背の状態を解消することを考えましょう。長い間苦痛に思っていた肩こりの解消が上手くいった最大の理由は、結局インターネットによって自分の症状に相応な良い治療院をチョイスするのに成功したことです。静かに寝ていても出現する耐え難い首の痛みや、若干動かした程度でも激しい痛みに襲われるのであれば否定できない病気は、「がんの転移」や感染症脊髄炎などの感染症です。直ちに病院へ行って専門医に診せましょう。椎間板ヘルニアでのヘルニア部分の炎症を抑え込んでいる状況なので、治療を実施した後も前方に背中や腰を曲げたり油断して重いものを運ぼうとすると、痛みやしびれが繰り返される恐れがあるので気をつけた方がいいです。頚椎ヘルニアが引き起こす手部の痺れ感であるとか首の痛みで受診して、整形外科で治療をやってもらったというのにまるで改善されなかった人お見逃しなく!このやり方で、重症だった患者さんが完治しました。お尻や太ももの裏がしびれる坐骨神経痛の原因が何であるかがはっきりわかっている状況であれば、それ自体を無くすることが根っこからの治療への近道となりますが、原因がはっきりしない場合や、原因の排除が難しいという場合は症状の緩和を目的とした対症療法を行います。外反母趾を手術で治すというやり方は一般市民が靴を常用する ようになった18世紀後半から行われるようになった治療の方法で、現在進行形で多岐にわたるやり方が発表されており、トータルでは信じられないことに100種類以上にも及ぶと言われています。酷い腰痛に陥っても、大概レントゲン撮影をして、ロキソニン等の痛み止めの薬剤が処方され、腰に負担を与えないようにと命じられるだけで、アグレッシブな治療が実行されるという事はあまりない状態でした。現代ではウェブ上の検索エンジンを利用して「肩こり解消グッズ」という検索ワードを入れて検索を実行してみると、とてつもない種類の製品が見つかって、品定めするのに苦悩すると言ってもいいほどです。

患者さまの声

2年程前から右膝に水が溜まり、その後左足も溜まるようになり、更に1週間に1回と水が溜まる頻度が増えてきて、激痛や仕事も思うように動かないことに悩んでいました。いろいろな整形外科やマッサージに行きました。MRIやレントゲンをとり関節水腫ということで、水を抜くか薬止め、ヒアルロン酸をうってもらいました。が、全く改善されず痛みやストレス、激痛の不眠、不安…色々なことに悩んでいました。諦めかけていた時、こちらの整体院をみつけ、通うようになり、正しい姿勢など色々なことを学びました。先生は膝が良くなるように親身になって改善方法を教えて下さいます。施術もとても気持ちが良いです。こちらへ通って安心感のような物もあり気持ちもラクになり、膝もあまり腫れなくなりました。(40代・女性)

膝痛の改善事例

当院には開院以来、多くの膝の痛みでお悩みの方がいらっしゃっています。ケガじゃないのに膝が痛いのはどんな理由なのでしょう?非常に多いケースは、太ももの前の筋肉が硬くなりすぎている場合です。大腿四頭筋(だいたいしとうきん)という太ももの前の筋肉は、骨盤から始まって、ももの前を通り、膝のお皿を超えて、すねの骨にくっついて止まります。大腿四頭筋がスムーズに伸び縮みしてくれると、膝の曲げ伸ばしもスムーズにできまが、縮んで硬くなった部分があると、スムーズに伸び縮みできなくなり、膝や股関節に過剰な負担がかかるので、膝の痛みとしてそれを知らせます。脚には、股関節、膝、足首、足、足指の関節があるので、このうちの膝以外の関節の動きの悪さや、配列の悪さが、膝に過剰な負担をかけ、痛みにつながっていることも多いです。このような視点から、当院では全身の関節と筋肉の配列や動き、緊張具合を調べて、調整します。そのうえで、その状態を作った姿勢や歩き方など、動きのクセを、あなたと一緒に探して、改善のアドバイスまでしていきます。

さらに詳しい内容はこちら
【品川区旗の台の膝痛】整体院

品川区旗の台で当院が選ばれる5つの理由

あなた専用「サポート計画書」を作成し根本改善を目指すから

症状改善のカギは、原因を絞った的確な施術を計画的に行うことです。一般的な治療院では、改善計画を明確にせず、一時的に楽になっても再発するケースが多いですが、当院は7万人の施術経験を基に計画を立案するので改善が早く、再発しない体作りができます。

専属担当が責任を持って、きめ細かいサポートができるから

あなたの専属担当が責任を持って施術し、細かい心身の変化を継続してみていきますので、毎回担当が変わる心配はありません。さらに在籍する4人の治療家も、担当とは異なる視点でバックアップしますので、主観に頼らない計画を立てられ、改善率が高まります。

「整体×生活習慣×思考習慣」で心身の治る力を高めるから

整体の効果が長続きして定着するためのカギは、施術で楽になった余裕を使って、生活習慣を少しずつ改善することです。体が楽になり、生活習慣も変わると、いつの間にか思考の習慣まで変わりますので、前向きになって、やりたいことを存分に楽しめるようになります。

予防専門クリニックと提携、根拠ある栄養指導ができるから

免疫予防医学のスペシャリストである野口勇人医師による栄養メソッドを修了し、推薦を受けています。「なぜ、どのように習慣を変えると、どんな結果が望めるか?」データに基づく生活指導で、内側、外側から多角的に体をみられるので、改善率がグンと高まります。

健康教室や本の貸出で「主体的に取り組む」環境があるから

体が楽になってきたら、毎月開催している健康教室に参加したり、貸出している本を読んでみたりと、より主体的に改善に取り組む環境があります。「治してもらった」より「サポートを受けて自分で治せた」と認識することで、自分に自信と知識がつき、再発も激減します。

ご予約・お問い合わせはこちら

【当ページ限定】
通常初回料金 9000円⇒特別料金 7500円

まず当院の施術であなたの痛みが改善可能かどうかを判断させていただきたいので、 当ページからのご予約に限った特別なご提案をさせていただきます。ただし、既存の患者様の予約枠確保のため初診の患者さまは1日2名までとなります。あらかじめご了承ください。

電話でのご予約

0120-517-626

メールでのご予約

メール予約ページ

LINEでのご予約

LINE予約ページ

施術の流れ

アクセス

当院までのアクセス

ご予約・お問い合わせはこちら

【当ページ限定】
通常初回料金 9000円⇒特別料金 7500円

まず当院の施術であなたの痛みが改善可能かどうかを判断させていただきたいので、 当ページからのご予約に限った特別なご提案をさせていただきます。ただし、既存の患者様の予約枠確保のため初診の患者さまは1日2名までとなります。あらかじめご了承ください。

電話でのご予約

0120-517-626

メールでのご予約

メール予約ページ

LINEでのご予約

LINE予約ページ

追伸

ご予約・お問い合わせはこちら

【当ページ限定】
通常初回料金 9000円⇒特別料金 7500円

まず当院の施術であなたの痛みが改善可能かどうかを判断させていただきたいので、 当ページからのご予約に限った特別なご提案をさせていただきます。ただし、既存の患者様の予約枠確保のため初診の患者さまは1日2名までとなります。あらかじめご了承ください。

電話でのご予約

0120-517-626

メールでのご予約

メール予約ページ

LINEでのご予約

LINE予約ページ